忍者ブログ
ニーズがウォンツをソリューション(作:ひのきだに)
[103] [102] [101] [100] [99] [98] [97] [96] [95] [94] [93]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

親友のまこつ君のススメで、昨日は明治の文豪たちが過ごした湯河原に一人、はやくも疲れてしまった体を休めに1泊2日旅行にいってきました。

関東のいい雰囲気を残したよい場所でした。

自然が、やっぱり必要。
夕方頃、時間があったので不動滝という滝を見に行きました。
比較的小さくて、あまりすごみのある滝ではないのですが、そこは東京にはない五感の宇宙でした。

滝から来る水しぶき、涼しい風、水や緑のにおい、木々のこすれる音、蝉や多くの虫の声、滝の音、水が流れる音が体の周りを渦巻く。ぐるぐるなるぐらいあちこちから聞こえる。

もう方向とか、音程とか涼しいとかそんなものではなかった。
どうしようもないぐらい強くて、あたたかな圧倒的なパワー。
ああ、これが神様なんかもしらん。
ああ、怖い。
そうだ、あれは一種の恐怖感だ。

徐々に真っ暗になるんだけど、途中から怖くなってきたので宿へ戻る。
で、のんびり温泉に入り、本を読みながら寝る。

が、静かで、集中しているせいか、普段より余計なしょうもないことに頭を悩ます。

今の歯医者は治療が荒い気がする。とか
最近、右足が痛いのは実はなんかの病気なんじゃないか。とか

一人で勝手にテンションを下げる。

でも今考えてみると、それも怖かったのをごまかすための自己防衛だったのかもしれない。
(おれによくあるパターン。なにかあると全然関係ないことに腹を立てたりする)

夜の湯河原は、東京に来てから感じたことがないくらい、自然な時間が流れ、外には自然な音だけが鳴っていた。
そんな中で電気を消していると、自然の音だけが聴こえる吸い込まれるような闇に恐怖を感じていたのかもしれない。でも、不思議とリラックスもしていたと思う。

逆に都会は楽なんだ。
テレビを見て、音楽聴いて、人や街並に流されていれば、そういう類いの恐怖は感じない。
だから、疲れるのかもしれない。
自然は、絶対的な恐怖感で人の心を守ってくれているのかもしれない。


おまえの武器やあらゆるものは
おまえにくらくおそろしく
まことはたのしくあかるいのだ


そんなこんなで気がつけば朝。万葉公園へ。
のーんびりして、お風呂に入る。
気持ちよくなって出たところ、上着がロッカーの端に引っ掛かり音を立てて破ける。

オキニだったのに。
ちょー最悪。
まじ最悪なんですけどー。

ここでは普通にテンションが下がる。
で、下がったテンションのまま湯河原を後にし、そのまま千葉に帰ってきたのでした。



ああ、もう12時すぎてるじゃないか。
寝なければ。


つづく
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
おおー。
行ってきたんやー。
なかなか良くね?今回予定会わんかったけど、疲れたころに金、土、日ツアーなど行きましょう。まぁ、お互い思い思いのことをやっているんだろうが…。^-^;

まこつ 2007/08/20(Mon)19:14:58 編集
無題
おー、いいね。
是非行こう!

しかし、解放しすぎて、今日がきつかった。
管理たかりんく 2007/08/20(Mon)22:43:20 編集
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
オチタカユキ たかりんく
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/07/13
職業:
会社員
趣味:
趣味を増やすこと
自己紹介:
通信系の企業で働いています
今年からはフジテレビの見えるビルでノビノビしてます。夜景がきれい


カウンター
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]