忍者ブログ
ニーズがウォンツをソリューション(作:ひのきだに)
[81] [80] [79] [78] [77] [76] [75] [74] [73] [72] [71]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ごそごそと部屋の片付けを今頃していたら、学園祭の前夜祭の写真をいれたCD-Rが出てきた。

中をみると600枚以上ある。

おれたちの代のしかないんだけど、ものすごい量。
さっそく保存。

なんだかなつかしいねー。
こういう写真っていいものだ。

入社してからも、いろんなところでちょくちょくとっていた写真もいっぱいあるんですが、いいね。
デジカメをさんざん売っていたくせにカメラはビックの社内展示処分で買った2000円のfinepix。

いいかげん古いし、スマートメディアはきつい。実際いまいれているメモリはなんと16M。
ひどい。でも、それを買ってからはいろんな記録がデータで残ってます。
それに、2000円じゃ文句は言えない。
むしろ買っててよかった。
昔はデジタルカメラに魅力を感じてなかったけど、iphotoで整理し始めてからは感心しまくり。


一時期、ものすごくアナログ写真も撮ってたんだけど、なんかそのうち自分の中でジレンマが発生しました。
なんていったらいいんかな。
たまに写真撮ってる間がもったいない気がしてきたというか(別に悪く言ってる訳ではないです。ごめんなさい)、おれの技術ぐらいだったらもっと大事なことがあるんじゃないかというか。
だから京都の一人旅のときは、ほとんど撮らなかった。
なんか、思うことを邪魔する気がしたんだよね。
そのときは毎日お寺見学した後は、莫大な日記を書いて済ませてたんだけど、いま読み返してみるとそれもかなりいい。
でも、もうちょっと写真があってもいいなあとは思う。
でも、写真に没頭しなかったからこそ、旅行がここまで思いで深くなったと思う。
でも、後から見るものも欲しかったりもする。

うーん、でも写真撮りにいったわけじゃないからなー。
じゃあ、みんなでいったときとかは写真を撮って、一人で旅行に行ったときは撮らなきゃいいのか。
確かに複数人との思い出と一人の思い出は時間が経っても、何しても種類が違うかも。
うーん、ほんとにそうなのか。
じゃあ、おぼっちゃまクンに出てくる心配ダーマンみたいな人が周りで写真を撮っててくれたらいいんだろうか。
うーん、それも違う気がする。

むずかしい。
キーワードは記憶の種類と時間かな。
とりあえず、新しいデジカメの購入は考えてみよう。
いまはかえないけど。


しかし、記憶しておけるパソコンというものはすばらしい。
特にmacはそういうのがすごく使いやすいと個人的には思う。

このmac買ってから生活が便利になったなあ。
前のvaioじゃ考えられん。
と、個人的には思う。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
オチタカユキ たかりんく
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/07/13
職業:
会社員
趣味:
趣味を増やすこと
自己紹介:
通信系の企業で働いています
今年からはフジテレビの見えるビルでノビノビしてます。夜景がきれい


カウンター
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]