忍者ブログ
ニーズがウォンツをソリューション(作:ひのきだに)
[1] [2] [3] [4] [5] [6] [7] [8]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

さっきの樋口君からの指摘もあり、picasaを使ってみた。
macユーザならiphotoからもアップデートが出来るすぐれもの。

これは楽しいですね。ぐーぐるさいこー。

ということで、私どもの京都旅行アルバムをお楽しみください。
京都旅行20080920-0924
PR
京都行って、広島行ってアクティブに動いた夏休みが終わりました。
次回からは何回かに分けて、今回訪問した京都のお寺たちのレビューを行っていきたいと思います。
今度、京都に行く人達の参考になればと思います。

ああ、肩こりから頭痛が…。
いてててて。
このブログ画像がのせにくい… 
ということで、こちらにでかいバージョンでのせてみました。
よかったらどうぞ。
ねおたかりんく写真サイト


R0010339.jpg

嵐山の竹林とスポルト
R0010228.jpg
龍馬がさされた刀(霊山博物館)

R0010446.jpg





隠れた名所、無麟庵

R0010122.jpg
六波羅密寺

R0010390.jpg
平安神宮
今かかわっているプロジェクトで、2年目のくせにかなーり突っ込んだ所まで業務に関わらせて頂きました。

まあ、世間一般的にはSIと呼ばれる仕事らしいです。
もともと、SE(いまだに定義がよくわからんけど)とかSIとかの存在自体(必要性?)自体疑問を持っていたというか、よくわかっていなかったのでなんかびっくり。

そんなこんなで足を突っ込んだ訳ですが、ここんとこ仕様漏れがちょこちょこと増えてきています。
おれの勘違いとか、聞き漏れだったりが原因となる訳ですが、まあめんどくさい。
ここだけはばりばりのプログラマーが居ても全然関係ないわけです。その前段階なんだから。
ベンダさんに聞くと今回はまだまだ少ない方らしいとのこと。
ふーん、と思ってようやく本を調べてみると出るわ出るわ、どんぴしゃり同じような悩みの解決方法論が。

要は、世間的には仕様書(開発要望書)の標準化(決まったフォーマット)なんか存在していないし、全体を掌握出来る人じゃないと、根本的に仕様漏れを防ぐのは難しいとのこと。そのためいろんな本がでてるっぽい。やっぱりみんな悩んでるんだな。

で、結局この類いのことが出来る人が一番重要なのに、世の中では一番不足してるらしい。メーカの初回ロットは買うのをやめとけとか、ソフトの度重なるアップデートとかはこの辺に原因があるとのこと。
そしてこの類いの行為をまとめてアーキテクト(建築)する。という用語で表現されるらしい。

ぜんぜん出来てなかったけど、どうやら今回したことはSiというよりも、こちらの用語のほうが近いのかな。

たしかに、現場側の言うことは、システムを考慮出来きれてなかったりする要望も多い(おれのミスの方が多い気がするけど)。しかし、逆にいえばそこまで考慮する必要もないとも言えるので他に全体的な是非を決める人材の必要性はあるんだよね。

そして、いまの時代においてはこのアーキテクト能力は扱う商材に関係なく活かされるはず。ここがかなりの利点。

つまり、幅広い知識もさることながら、状況把握能力とかコミュニケーション能力が鍵になると勝手に思う。
コミュニケーション能力ってなんかうさんくさいけど実際、認められるほどのコミュニケーション能力を持ってる人はほとんど見たこと無いのが現状で、この辺の能力って先天的に持ってる人じゃないと限界があるのではないかと思ってしまう。

みなさんの想像はどんな感じが知らんけど、紙で評価できるほどのうすっぺらーい能力ではなくて、一流芸能人レベルの空気読めるレベルが必要なんじゃないかなと勝手に思うわけです。

昔は「大きい会社は全部ベンダーに丸投げするだけでつまらん」、とか思っていたけどもオブジェクト指向的に完全分業制が広まりつつある(そうせざるを得ない?)世の中では、想像以上に重要かつ大変な仕事なんだなあと実感しつつある今日この頃でございます。

うん、めんどくさい。考えるのをやめよう。
では、明日の夜からひぐちき君と京都にいってきまーす。


やっとのことで、プロジェクトも落ち着きを見せてきました。
たぶん、来週が峠でそれ以降は安定の道をたどるはずです。

ということで、昨日はひさびさノー残業デーを体験すべく早く帰ってくるも、電車で爆睡。魔の東葉勝田台への入り口が開きかける。
ふー。あぶなかった。

そろそろ京都への旅行が本格化しそうです。
で、気になるのはカメラ。ほしいかも。

昨日ビックカメラによって見たんですが、全体的に安い。
信じられないくらい単価が下がってる。
おれが販売員として頑張っていたときは
2万代→単三電池しか動かない安いやつ。売れても利益が出ないからあまり売るなと言われてた。
3万代→意外と少ない。次の時期の商品が出る前にちょっと値が下がったもののみ。
4万代→各メーカーの主力。売り時な感じ
5、6万円代→各メーカの最高機種がこの辺。金持ちそうな若いサラリーマン、お父さんに売れる。

って感じだったのに今は2万前半がほどんど。おれの感覚的には4万代→2万代になった感じ。
1万円台でかなりよい(もはや違いがわからん)カメラが買えてしまいそう。
しかし、この価格破壊でメーカは火の車でしょう。就職しなくてよかった。

まあまあ、そんな話しはおいといて、そんな中でも断然リコーGRがかっこいい。
かなり写りもよいらしい。
うーん、でも5万はきついなあ。
うーん、悩む。デジカメやっぱり便利だもんねー。

でも、しばらくはrollei35でアナログに頑張るか。

ちなみにこんなカメラROLLEI35.jpgです。






これはこれでかっこいいでしょ。
あー、どこで現像できるんやか。
入社当初、わが原木中山には私を含め4人の同期が居た。

まず池ちゃんが名古屋へと去り(今は東京にもどってきた。)、同期の女の子は結婚し他の町へ引っ越し。二つ下の階に住んでいたなかしーも先週末にとうとう武蔵野市民になってしまった。
そして、浦安のまこっちゃんも大田区へ引っ越し。
来週は大学からの友人で葛西に住んでいたよーすけも配属決定に伴い、川崎へいくと言い出した。

おお、誰もかしこも近くにいなくなってしまうではないか…。
おおお。

ところで私はというと、常に引っ越そうと豪語しながら頭の中ではあまり現実味がないのかぜんぜん計画が進まず。たぶん今の部屋自体にはあまり不満が無いのが現実感の喪失につながっている原因であろうと思われる。

町に関して言えば、不満しか無い。
商店街らしきものはほぼ皆無。5分以内で周辺一周できてしまう。
誇れるのは江戸川が近いというぐらいで、他に良い所はほとんどない。
そんなの言い過ぎだよ!と思う人は一度来てみるとよい。
評価しようがないぐらいなにもないのである。
だから、駅から家まで帰る間に一日一回は引っ越したい衝動が起きてしまうのである。

そして、ここ最近の引っ越しラッシュ。
寂しさいっぱいなのです。


原木にぽつねんと一人。
決断するほど貯金もない…。
プロフィール
HN:
オチタカユキ たかりんく
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/07/13
職業:
会社員
趣味:
趣味を増やすこと
自己紹介:
通信系の企業で働いています
今年からはフジテレビの見えるビルでノビノビしてます。夜景がきれい


カウンター
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]