忍者ブログ
ニーズがウォンツをソリューション(作:ひのきだに)
[96] [95] [94] [93] [92] [91] [90] [89] [88] [87] [86]
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日はえらく風がつよかった。

それはちょうど帰る頃。

いつものようにサンシャインから東池袋の駅までのビルに挟まれた比較的細い道を歩いていても、歩いていられないぐらい強い風が吹いていた。
そのとき、変な周期でうなるような低い機械的な音がした。

ぶーん、ぽわーん、ぶーん、ぽわーんみたいな
はじめは機械かなんかの音かなと思ったが、
見上げてみると電線。
よく見ると変な揺れ方をしている。

おお、これが「夜泣き電線」か!!
はじめて聴いた。

これが都会の音なのか。
たーかくそびえるサンシャイン をバックに暗雲立ちこめる未来のような
機械的でアナログ音な不思議な音が鳴り響く。

でも、あれはなんかの機械の音だったのかもしれない。
ちょっと暗かったし判断がつかないが、なってもおかしくないぐらいの強風が吹いていたことは確かだった。
そんなことは問題じゃない。

その可能性だけでも、おれの心を高揚させるのに十分だった。
人の声やら、電気信号やら、人間のいろんな想いをのせてる電線が鳴っているかも、ということになんだかわくわくした。
女性がスカートの裾を押さえて走る中、しばらく道に立って眺めながら聞きいる。
一見、都会らしそうな物理的なその音に、うちの先生が「電線は地球に張ったエオリアンハープだ!!」と言っていたことを思い出した。
これは風が都会に作ったファウンドアートだ。
わくわく。

そろそろ、エオリアンサイトもつくらなきゃな。



話はかわって
ここんとこ、いろんな人の影響をうけまくる。

元来、すごいと思った人にはとことん影響を受けるタイプなんですが、朝、アドエスで青空文庫を読みあさるようになってからは、ビビビとくることが多い。
それぐらい面白い文章が多い。
基本的に知らない人ばっかりなんだけど、ランダムに選択してみる。

今は中村屋(お菓子屋)の創業者、相馬愛蔵さんの「商人として」という自伝を読んでます。
前、量販店でバイトしてたときに思っていた商品の売価とお客の感覚のズレについて思っていたことをこのおじいさんはきれいな文章で示してくれている。すばらしい。
その経験がすごく面白い。


世の中すごい人が多い。
おれはなんにもできないなー。
でも、エオリアンの音になんだか勇気をもらった感じだった。
観光客や浮浪者があふれるサンシャイン周りもまだまだ捨てたもんじゃない。
感じることはいっぱいあふれている。
PR
この記事にコメントする
name
title
font color
mali
url
comment
pass Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
プロフィール
HN:
オチタカユキ たかりんく
年齢:
35
性別:
男性
誕生日:
1982/07/13
職業:
会社員
趣味:
趣味を増やすこと
自己紹介:
通信系の企業で働いています
今年からはフジテレビの見えるビルでノビノビしてます。夜景がきれい


カウンター
最新トラックバック
ブログ内検索
アクセス解析
忍者ブログ [PR]